団体交渉への対応

自分の会社は小さいから組合なんてないし、まして団体交渉なんてありえないって思っている経営者の人たちも多いのでは。しかし自分の会社に組は無くとも社員は地域にある同じ職種の合同組合に加入する事が出来、自分達の権利を主張する事が可能です。

この様な組合は小さい会社にも団体交渉の申し入れ行い、経営者との話し合いを求める事が出来ますが、経営者にしてみれば突然の出来事でどの様に対処して良いのか?またどの様に準備すれば良いのか?解らない事だらけです。

団体交渉などの申し入れがあった場合、労働問題に強い弁護士を探すのが一番です。相手に対してどの様に交渉していくか?またどのうよう書類や証言が必要になるかなど専門的は観点から指導をしてくれ、正しい判断が出来るように物事を運んでくれる筈です。

団体交渉を避ける為に

確かに小さい会社なので残業も多いし、大きな会社のように保養所などの福利厚生は整っていませんが、残業代もきっちりと払いまた子供のイベントや、同居する親の介護などに関しても会社として融通を利かせてきたつもりでした。

家の会社には組合なども無いのに、地域の合同組合に加入した社員が色々な福利厚生に関することを、合同組合の人たちと共に団体交渉の申し入れをしてきました。社員である労働者を守る法律はありますが、この様な場合、団体交渉などに知識がない経営者はどうしたら良いのでしょうか?

労働問題に強い弁護士を見つけることで、この団体交渉に対してもどの様な書類や記録が最も効果的に交渉できるか、また会社の就業規則を見直すことでこの様な団体交渉などを避けると行った指導もしてくれるようです。

労働問題を専門に扱う弁護士

小さい少人数の私の会社。今までは皆で協力し合って売り上げを上げ、少しでも利益を出してみんなの給料を上げられる様にと頑張って来ました。時には自分のポケットマネーで社員を飲みに連れて行ったりして、良い感じで会社内で交流を図って来たつもりだったのですが。

社員の一人が地域の合同組合に加入した事で、ちょっと変わってきてしまいました。残業代等を含む会社の規則に関して団体交渉を申し込んできたのです。何も知識が無い私はどうして良いのか?同じ業者の経営者仲間にちょっと聞いた所、この様な労働問題を専門に扱う弁護士を紹介してもらいました。

団体交渉に対する書類や記録の準備、そして同席と心強い味方となり会議をこちらに有利に進める事が出来ました。